読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どろんこくらぶ

ここでは何をして遊んでもいいの      えっ、そうなの?わたしも行きたいな~

第三回 森のムッレ教室 秋冬コース

森のムッレ教室[E:maple]の第三回を開催しました。
今日は、ファイナルパーティもありますよ[E:xmas]

朝の空はまぶしいけれど、風はひやりと冷たいですね。
そんなときは自己紹介も、体を使ってやってみましょう[E:sign03]
R0012385_3

お友だちに、名前をおしえてもらったら、大きな声で
みんなで「ヤッター[E:sign01]ヤッター[E:sign03]イエーーーイ[E:scissors]」って言います。
きみの名前がわかってうれしいな[E:scissors]そんな気持ちを、
体で表現しましょう[E:happy01]照れくさいのは、ほんの最初だけだよ。


ところで、今日の森は、茶色い葉っぱがたくさんあるね。
そうだ、ムッレ[E:clover]がどんな妖精さんなのかを紹介しなくてはいけないね[E:eye]
R0012391_2

ムッレのお仕事は、森のおそうじ[E:dash]なんだって。
これから森に遊びに行ったら、おそうじしてるムッレに会えるのかな[E:sign02]

森に入るときの、3つの約束を覚えたら、さあ[E:note]いっしょに、森へ遊びにいこう[E:note]
R0012405_2

森に入るためのカギをひとつ拾ってから、カチャリ[E:shine]と鍵をあけて
  サクッ[E:shoe]サクッ[E:shoe]サクッ[E:shoe]サクサク、サクッ[E:shoe]
森の中は、落ち葉でいっぱいで、歩いてみても、走ってみてもサクサクッと楽しい音[E:notes]がします。だから、歩くのとまらない[E:smile]

R0012429_2

どんどん進んでいったら、ムッレクイズゲームがスタートしました[E:sign02]
R0012417_2

「耳をすませたら、どんな音がきこえてる?」

「色のちがう、3つの葉っぱをあつめてみよう」

R0012458_2

R0012446_2

みんながひろい集めた、3つの色の葉っぱを並べてみたよ。
レースのような、葉脈だけの葉っぱもあったね。

つぎのクイズをみつける途中に、落ち葉をいっぱいあつめて、
葉っぱシャワー[E:maple]で遊びました。
R0012464

ひらひら葉っぱのシャワー、楽しいね。
R0012453

クイズの最後には、こんなふうに書いてありました。
R0012477_2

ちょっどドキドキしながら、みんなでいっしょに呼んでみたよ。
「コリコック[E:sign01]」「コリコック、コリコーック[E:up]」ちかくにいるの[E:sign02]

すると森のおくから「コリコック[E:clover]」と返事がきこえて、ムッレがこっちにくる[E:heart04]
R0012479

森におちているゴミをひろっていたんだって。
「こんなゴミがあったよ」と、白いビニールをみせてくれました。
R0012483

この白いビニールのゴミを、森の動物が食べ物とまちがえて食べてしまったら、どうなるのかな。おいしくないし、おなかをこわすかもしれないし、死んでしまうかもしれない。


ゴミになるのは、どんなものかわかる?

最初の回に、いろんなゴミを土にうめたので、
http://mulle.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-295f.html
ムッレといっしょに掘りにいくことにしました。

みかんの皮1個分は、5cmくらいの大きさになっていて、
こげ茶色のベタベタとぬれたゼリーみたいなものになっていたよ[E:sign02]
においをかいでみたら、くさくもないし、みかんのにおいもしなかった[E:sign01]

お菓子の入っていたビニール袋は、お菓子の名前も消えず、形も、うめたときのまま[E:sweat01]

R0012504

森の土にもどらないものが、ゴミなんじゃないかな?

R0012501

それから、
ムッレといっしょに歌をうたって[E:notes]まるい木の実のおやつ[E:pouch]をもらいました。
それは、リスの好きな食べ物、くるみです。
みんなで、とんかちで割って食べたけど、リスはどうやって食べるんだろうね。
ああ、なんだか、森にいるといろんなことを思いついちゃうね[E:delicious]
R0012511

森の中にもどるムッレに、さよならとありがとうを言ってから、みんなは森のゴミひろいをしながら帰ることにしました。

ムッレは森に帰る時に、手紙をわたしてくれて、プレゼント[E:present]があることをおしえてくれました。
R0012523
みんなでさがしていたら、栗の木の下で発見[E:happy01]

R0012524
空色の紙つつみに、どんぐりと植物の種がいくつか入っていました。
土にうめたらどうなるんだろうね?春になったら芽がでるかもしれないね[E:bud]

R0012528_2

それから、みんなはファイナルパーティをする田んぼ[E:riceball]にやって来ました。
わらのベッドをつくったりしたあとで、稲わらをまきちらして遊びました。
思いっきりまきちらしても大丈夫。わらは、田んぼの土にもどって、お米の養分になります。ゴミじゃないんだね。
R0012531

さあ、おまちどうさま。
あったかい野菜スープと焼き野菜で、お昼ごはんをいただきましょう。R0012538

そして、ファイナルパーティのメインメニューは、ジャジャジャーン[E:xmas]
焚火で焼いた[E:bell]青竹バームクーヘン[E:bell]です。
森の切りかぶのような、しま模様がみえますね。おいしそう。

R0012539

味はいかがですか[E:sign02]
R0012543

青竹にくっついているのもかじりたいくらい、おいしいようですね[E:smile]R0012545

そして最後もやっぱり、楽しかった気持ちを体でいっぱい表してみましょう[E:run]
「ヤッター[E:sign01]ヤッター[E:sign03]イエーーーーーーーーイ[E:scissors]」たのしかったね。
R0012549 

春になったら、また、いっしょに森へあそびに行きましょう[E:happy01]

[E:clover]森のムッレ教室で、みんなに会えるのを楽しみにしています[E:heart02]